函館市・北斗市・七飯町のほか、北海道渡島・檜山管内会社設立手続きは、わかば行政書士事務所にお任せください。

函館会社設立手続サポート > 会社設立の基礎知識 > 会社(法人)にした場合のメリット

会社(法人)にした場合のメリット

メリット1:社会的な信用が増す

同じように事業を行っていても、法人と個人事業では社会的な信用度が異なります。取引先や金融機関はもちろんのこと、対外的に法人というのは信用があり、営業活動において有利に働く面も多くあります。

メリット2:節税しやすい

会社設立においては、法人としての営業上の必要性以上に、節税効果が大きいでしょう。事業の拡大とともに事業収入が増えていくと、累進課税の個人事業では税負担が大きくなります。また、法人では経費の幅が広がり、給料を経費とすることができるため、節税効果を得るための方法も個人事業より多くあります。

メリット3:人材調達がしやすい

求職者からすると、個人事業よりも法人の方に安心感があり、従業員を増やして事業を拡大するようなときには、会社の方が有利でしょう。

メリット4:資金調達がしやすい

実際のところは、事業内容にも影響されますが、一般的には個人事業よりも会社の方が融資を受けやすい傾向は見られます。また、個人事業では借り入れ以外に資金を集められませんが、会社では融資以外にも出資によって資金調達が可能です。

メリット5:有限責任になる

個人事業主と違い、株式会社や合同会社においては、出資額以上の責任を負わない有限責任になります。もし事業がうまくいかず会社が負債を抱えても、全ての責任を負うことにはなりません。ただし、会社としての融資であっても個人保証になっている場合にはその限りではなく、また、道義的な責任までを免れるということにはなりません。

 

スポンサードリンク